ベリーマッチョ

すあだ先生(すあだ’さん’でもないし呼び捨てはあれだし、で、先生)が自分のチャンネルに生放送の録画をあげていて、二時間強もあるが全部見た。

すあだの宗教 ~イマジナリーフレンドとその位置~ by すあだ 日記/動画 - ニコニコ動画

最初の30分だけでも見ればわかるけど(そこだけでも絶対見て欲しい)、こういう人がいる・ということ自体が、世界(の大多数)にとってかなりのビックリだ。後半では自作アニメを作る動機となった体験も赤裸々に語られていて、久しぶりにエモくなってしまった。クリエイターとして尊敬する。

 

俺はなにもやりたいことがないし、人に伝えたい事もそんなにない。ちょっと絵が描けるから漫画を描いたりしているけど、それはそうしないと自分には何も無くなってしまうからだ、と思っているからだ。何も作らない自分の人生を考えると、寒々としてくる。だから、所詮作り残すことは生きていく糧で”しか”ない。それは動機として最低限であり、つまり最小の動機だ(と思う)。毎日小指で大きな岩を押していっても達成感なんかあんまり無い。5km進んでも10km進んでも(岩を押すこと自体に意味なんか最初から無い)。

しかし実生活を生きるにあたって……露悪的で下品でからっぽで、ややこしく込み入った自分、というものが羽を伸ばせるのは、こうやって何かを作っている時だけだろう。そう思ってもやっぱりどこか虚しい。褒められることは幾度となくあったのに、何故か、自分が褒められているという実感が全然ない。全然ないのだ。まるで赤の他人が褒められているようなこの微妙にズレた感じ。これは何だろう?

何か遠くに感じるかすかな手触りや、ありはしない物があるという実感、一度も見たことが無いのにそれを絵に描こうとする欲求、そういうもの。今俺は価値のことを考えているが、これらの不確かな動機は本当に価値あるものが生み出せるだろうか。価値について考えるのはナンセンスだ。しかし、考えてしまうよなぁ。