あきすて

自分は何がしたいんだろう、わからない。わかっているつもりではあった。しかしもう何年こんなこと考えて続けているのやら。人に会っても変わらない。

 

感情だけが正解ではない。手触りだけが正解でもない。考え抜いたことが正解とは限らない。考えたり悩んだ時点で負けなのではないかと今は感じる。それすら出てこない、衝動とか無我とかそういう極限の世界ではなくても、勝手に滲み出るものがそれがそう望むように出てくるだけでいい。それに訓練が必要なのは奇妙なことで、動物である練習を積み重ねるようなもので、逆にこれは思い出すということなのか、また俺は考えてるな。だめだだめだ

 

各々の見た世界は全部それぞれ違うので頑張らなくても滲み出るものだけで十分表現になってしまうと思うのだ。本当か?